ナチュラルリンク高野美菜子の大阪で働く女性社長blog

ブランディングについて、

少し考えてみました。
=

ネットでブランディングについて調べてみると、
=
==
顧客の視点から発想し、ブランドに対する共感や信頼など顧客にとっての価値を高めていく企業と組織のマーケティング戦略のひとつ。
==
=
だそうです。
=

『顧客の視点から発想し』

ということは、

自分たちがどう思う、ではなく、
=

お客様や周囲の人がどう捉える

ということのほうに、

重きを置くということでしょうか。
=

実際その人とじっくり話したり、

その会社のことを詳しく知っているわけではないけれど、
=
何かよさそう、

かっこいい、

価値がありそう、

と顧客が思うというのは、
=

よく考えればすごいことだ。
=

メディア戦略も、

ブランディングの一つだと思うのですが、
=
私たちもテレビにでたり本を出したりする前と後では、

明らかに周囲からの見られ方は、

変わったなーと感じています。
=

その点は、とてもありがたいです。
=

ただ、最近思うのは、

持たれているイメージと、

ギャップがある行動をとっていては、
=

マイナスイメージが膨れ上がってしまうということ。
=

ブランディングというのは、

お客様や周囲の期待値でもあると思うので、
=

例えばうちであれば、
=

セミナーが全然良くないとか、

私の話し方がすごく幼稚だとか、
(例えばですが笑)
営業がしつこくてきつすぎるとか、

=

そういう事実があった場合には、

振れ幅が大きいので、

より幻滅させてしまうことも大きくなるということ。
=

でも逆に、

私の場合は女性社長ということで、

バリバリに思われることも多いですが、
=
実際は親しみやすかったり、

丁寧だったりすると、
=
逆のギャップが生まれて価値もあがる。
=

悪い意味では裏切らないけど、

いい意味で裏切るというか。。
=

私たちはブランディング会社ではないので、
今持たれているイメージは、

意図したものではありません。
=
これを、目的を持って、

意図したように、構築するブランディング会社って、

本当にすごいなーと思います。
=

ある、

すごく企業イメージが高い会社の社長が、
=

『周囲からいい会社って言われすぎると、
実際に働いている社員がギャップを感じることが増えるので、

社員不満足のもとになる』

ともおっしゃっていて、
=
あーブランディングって深いなぁーも、

その時思いました。
=

結局あれこれ考えて、

『ブランディングは深い!』

という何とも普通の結論に落ち着きました。。
=

さて、今日もアポイント頑張ります!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。