ナチュラルリンク高野美菜子の大阪で働く女性社長blog

体力がなくなるのは悪いことじゃない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

体力がなくなるのは、

悪いことじゃない

=

というのは、

不健康でもいいということではなくて、

=

年齢とともに、

体力が落ちてくることは、

悪いことじゃないなと思う、

ということです。
=

20代の頃は、

夜遅い日が続いても、

別にどうってことなかったですが、
=

30代になって、特に出産して、

『そんな生活を続けるなんて無理』

と思うようになりました。

=

もちろん、

睡眠時間3時間でも大丈夫な先輩や、

精力的に動かれている先輩を見ると、

本当に素晴らしいと思いますし、
=
その体力を保つための日々の努力もまた、

すごいと思います。

=

でも今の私は、

『あの頃のようには動けへんわ』

とかなりの白旗モードです。笑
=

だって疲れる時は疲れるし、

しんどい時はしんどい。
=

それをひきずり、

自分の体に鞭打って動くのではなく、

=
自分とうまくつきあいながら、

今までとは行動を変えていくこともまた、
=

良い仕事をするために、

必要なことだと思います。

=

最近は、

『私が動けばなんとかなる』

ではなくて、

『いかにして自分の周りの人たちの力を借りて、

よりよい成果を出すか』

=

をよく考えるようになりました。

=

何か解決したいことが出てきた時でも、

動かないといけないことか、

動かなくてもやり取りですむことなのか、
=

何を変えれば根本から解決できるのか、

どんなやり方が一番ベストか、

色々頭を巡らせるようになりました。
=

守りに入っていると言われれば、

そうなのかもしれないけど、

=

人生はマラソンのようなものだから、

常に全速力ではなく、

ペース配分も大切だと思います。

=

虎視眈々と土台を固める時期もあれば、

一気に攻める時期もある。
=

大事なのは、

大きな流れや波がきたときに、

ちゃんとそこにのれる準備ができていることだなと思います。
=

と考えるようになったのも、

がむしゃらに動き続けた20代があるからなので、

=

あの経験もまた、大切だったなーと、

改めて思う今日この頃です。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。