ナチュラルリンク高野美菜子の大阪で働く女性社長blog

右脳派から左脳派への脱皮

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

気がつけば私も社会人9年目。

知らず知らずのうちに、経験や知恵が蓄積されていって、

色んなことが感覚として肌で分かるようになっていっているのだと思います。

 

前本さん(ナチュラルリンクの専務)と二人で仕事をしている時は、

それでも良かったし、

また私はかなりの右脳人間だったので、

なんとなくいける気がする」とか「こうすればこんな流れになる」とか、

感覚でとらえて、行動することが多かったです。

 

でも4月から、本格的にスタッフも営業にでるようになって、

また8月から新しくスタッフが入ることもあって、

特に営業に関して、引き継いだり、育てたりすることが多くなり、

初めて頭をつかうようになりました。。(笑)

 

私が感覚でやっていることは、

私の経験値から出てくることだから、

相手には細切れの情報としてしか伝わらない。

また、受注に至るまでのストーリーも、

もっと細分化して人に伝えようした時、全然わかっていない。

 

あらゆる部分で、

もっと頭を使い、分析し、

どんなストーリーになっていて、その為にどんな行動がポイントで、

何をしていけばそこに繋がるのか、

初めてみた人でも分かるような形を創らないと、

チームは成長しないことを痛感しました。

 

そうなると、分析とか、同行とか、ロープレとか、

育成や仕組みづくりに費やす時間が多くなるから、

一時的に私が営業に取れる時間は減ってしまうけれど、

それでも組織を成長させるとはそいういうことだし、

そこに踏み切らないと何も変わらないことも分かりました。

 

そんなこんなで、

今日も週1のMTを行いましたが、

やっぱりみんなで話せば見えてくる。

 

今後の目標設定の仕方も、

そして指標となる数字の作り方も、

行動計画のフォーマットも、

そしてそもそものMTのやり方自体も、

ただ単に形だけ行うのではなくて、

どのポイントを押さえれば歯車がまわり出すのか、

何がいらなくて、何は必要なのか、

ちゃんと深く深く分析した上でやっていくことが大切。

 

現場に答えはちゃんとあって、

ちゃんと向きあえば必ず見えてくる。

策が分かったところで、「忙しいからその時間はない」は言い訳で、

本気でビジョンに向かうならば、重要項目にちゃんと手をつけないといけない。

色んなことが最近分かって来ました。

 

やってみなわからん、やったことしか残らん

 

印象に残っている言葉の一つですが、

最近それを本当に実感する今日この頃です。

 

よしー今日もあとひと踏ん張り頑張って、

大阪の母校が一緒の女性社長の女子会に行ってきます!

楽しみだ。

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。