ナチュラルリンク高野美菜子の大阪で働く女性社長blog

クローズアップ現代▽女性が日本を救う?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

NHKクローズアップ現代を見ました。

女性が日本を救う?

というタイトル。

 

少子高齢化により、働く人口が減少していることは明らかな中で、

やる気があり、優秀な女性を登用し、

企業成長力と競争力にしていく

といった内容を、

海外の事例、国内の事例から考察する内容でした。

 

・労働時間を短縮しても生産性を上げる取り組み

・女性管理職を増やす取り組み

について、主に取り上げられていましたが、

 

生産性を上げる取り組み、女性管理職を増やす取り組み、

どちらも、海外と比べてかなりの遅れを取っている日本の現状に、危機感を感じました。

 

おとなりの国、韓国は、

国の施策として、女性管理職比率向上を強く取り組んでいて、

女性管理職比率が日本を超えたそう。

 

もちろん、

じゃあ夕方16時で退社!

女性管理職比率を30%に引き上げ!

とか、そういうことで片付けられるものではないと思います。

 

何で女性だけ?逆差別?

という風に捉えられることもあるし、

 

企業は利益を上げないといけないのに何を言ってるんだ

という声もある。

 

女性自身が、役職に魅力を感じない背景もあるし、

トップが本当の意味でどう考えているかによるところもある。

 

でもそれは、誰が悪いとかそういうことではなく、

女性の力を活かすことによって、

会社が成長する、

会社の業績が上がる、

そういった企業事例が、日本には少なく、

絵に描いた餅、綺麗事という空気があることも大きいと思います。

 

だからこそ、

私たちナチュラルリンクが、ここに切り込む大きな意味があると、

今日改めて感じました。

 

ナチュラルリンクは、

働く女性をHAPPYに 女性を活かし企業を元気に

を目的として、人材教育事業を行なっています。

 

その中で具体的に何を解決するかに焦点をあてているかというと、

女性ロールモデルを社内に創る」ということ。

 

研修を通して、

入社した女性が、活躍し続ける状態をサポートし、

後輩が目指す星を社内に増やすことが、私たちのやるべきことです。

 

来年春からは、

女性管理職研修もスタートさせていく予定ですが、

 

今日のクローズアップ現代▽女性が日本を救う?では、

やはり企業で女性のロールモデルをいかにつくるか、

ということが強く言われていました。

 

無理やり作るのは本末転倒だとしても、

これだけ高齢化が進む日本では、

もう、そんな悠長なこと言ってられないのも事実。

 

この日本の課題を解決していくことが、

ナチュラルリンクのやるべきことです。

 

明日もがんばります!

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。