ナチュラルリンク高野美菜子の大阪で働く女性社長blog

ブログのアクセス数アップ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さすが昨日のテレビ出演で、

ブログも、会社のHPも、

アクセス数が激増していました。

 

やっぱりメディア効果って大きいのだなと

改めて思います。

 

さて、先日開催された、

女性管理職セミナーですが、

株式会社CUBEの金森社長のところの社員さんもお越し下さり、

その様子をブログで紹介頂きました。

===

受講し終わって会社に帰ってくるや否や
リンちゃんのテンションの高さに私も嬉しくなってしまいました。

話を聞けば聞くほど、素晴らしい内容で
ナチュラルリンクさん、価値あるサービスを展開してるんだな~と感動しました。

セミナーや研修など気を付けなければいけない点もあると思っています。
会社以外で学んでもらうOff-JTは、会社にとってデメリットになることもあるからです。
それは、社員個人しか知らないノウハウを持ち、それを会社で共有せず一人でつっぱしてっしまうと
方針に沿わないことが起こってきたり、会社のサービスではないことが行われてしまったり
何か問題の種になることも十分に考えられます。

 

ただ、私はナチュラルリンクさんのセミナーには何度か参加させていただいていて
高野社長に対しても信頼があって、今回は社員単独で受講してもらいました。

社員に受講してもらってみて、思ったことは「心配無用だった!」ということ。
ナチュラルリンクさん自体が、とても良い取り組みをしていると思ったんです。

社員が参加していても、会社との結びつきを深めてくれる内容が盛りだくさん。
私のような不安を持つ経営者がいることを、さすが分かっているのでしょうね。。
社長としても安心して任せられる内容とサービスで
これならどんどん参加してもらいたいと思えることができるセミナー内容でした。

応援したいサービス、応援したい会社だと心から感じました。
ナチュラルリンクさん、本当にありがとうございました!
高野社長、本当にありがとうございました!

===

嬉しい!ありがとう!金森社長!!

 

私たちは、

女性社員さんの力を活かした企業の活性化

をお手伝いしていますが、

 

この仕事をやればやるほど、

会社で頑張ることが、女性にとってのHAPPYに繫がり、

それが会社の成長とリンクする

という図式が、しっくり来るようになりました。

 

別に、仕事一筋に生きろというわけではなく、

専業主婦になることがダメだということではなく、

それは人それぞれで、

人生は自分で決めていくものだから、

自分が納得することが一番大事だと思います。

 

でも、自分がこうしたいと思う人生を、

実際に形にしていくためには、

今目の前にある会社の中で頑張って、認められて、

必要とされる存在になることが、一番の近道だと思う。

 

今の世の中、

旦那さんだけのお給料で育てられる子供の数は、

1.3人だそうです。

 

ということは、2人以上子供が欲しかったら、

必然的に女性が働かないといけない。

 

一度育児で仕事を退職した女性が新たに職を探すことが、

とても難しいこの世の中で、

20代のうちに培った技術や、経験や、

自信を持って伝えられるスキルを持っていることは、

とても強い。

 

 

専業主婦になるにせよ、

稼げる旦那さんを見つけるには、

自分を磨き、できる男性に見合った女性になっていくことが大事。

(実際に、すごいな!と思う男性の奥様は、

あーやっぱりこの奥様にしてこの旦那様ありだと、

立派な奥様だなと感じることが多いです)

 

仕事と育児を両立するには、

やはり会社の理解は重要で、

 

「あなたが育児と両立するなら応援するよ!」

「絶対にやめないでー!」

といわれるくらい、会社から必要とされる存在になるからこそ、

両立も可能になる。

 

人生の中で、

100%な状況は、どう考えてもないし、

人間関係でも色々あるし、

そういうことを乗り越える力を仕事を通して培うことも、

とても大切だと思います。

 

仕事を通して、会社で認められ、

必要とされることが、

自分らしい人生を歩んでいくための第一歩。

 

セミナーに来られた女性の方にも、

自分のHAPPYと会社の成長が、

うまくリンクする形を提示していくことが、

ナチュラルリンクの大事な役割なんだと思います。

 

だからこそ、金森社長のように、

喜んで頂けるのかなと感じるので、

これからも日々改善して、より良くして、

 

ますますより多くの皆さまにお役に立てる会社になっていけるよう、

がんばります。

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。