ナチュラルリンク高野美菜子の大阪で働く女性社長blog

一流役員が実践している仕事の哲学

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

一流役員が実践している仕事の哲学」という本について。

以前から、

ごちそうしてもらった次の日、
平社員では、90%がメールすらしない
部長でも、80%の人がお礼を言わない
役員は、100%朝7時にお礼メールが来る

という部分がちまたでよく話題になっているなーと思ったので、読んでみた。

 

神は細部に宿るというけれど、

仕事ができるなぁーという人は、

細部の行動がすごいなと改めて感じた。

(画像は私が描く仕事ができる人のイメージです。。)

 

なんでそんなに細部まで意識して行動できるんだろうか。

 

しかも、普通の人の何倍も何倍も忙しく、

尋常じゃないくらい時間はないはずなのに、

なぜそこまで気配りができるんだろうか。。。

 

私の周りで尊敬する方々の、

思考回路や行動などを思い浮かべてみると、

・驚くほど謙虚

・人間の心理を熟知している

・相手の肩書や年齢関係なく接する態度が同じ

・先の、先の、先の、先くらいまで常によんでいる

・思い立ってからの行動がはやい

・忙しいからこそ一瞬一瞬を大事にされている

なーと思う。

多分、もっともっとあると思うけれど。。

 

やはりある程度の役職についておられる方や、

そこまで登っておられる方は、

単にそうなったわけではなくて、

 

1をみても10を知り、

物事の本質をとらえ、

常にアンテナをはり、

競争社会を生き残ってこられたんだもんな。

 

そのサバイバル力は、

半端ないなと思う。

 

以前、

私が尊敬する先輩社長が、

一度会っただけのうちの会社のインターン生の名前を全員分覚えておられて、

「◯◯、元気にしてる?◯◯はどう?」と気にかけてくださった時には、

本当に驚いた。

 

会社を立ち上げた頃、

やろうとしているビジネスについてアドバイスが欲しくて、

恐れ多くもトレンダーズの経沢さんに長文の手紙を書いたら、

数日後に直接お電話を頂いてアドバイスを頂いた時は、もっとびっくりした。

 

すごいなー。

 

私はどれだけ、そういうことができているかなーと考えると、

日々反省が多いなぁ。

 

こうして会社を立ち上げて、

少しずつでも会社が成長しているのは、

周囲で支えて下さっている方々の協力や、

頂いたご縁によるもの。

 

やって頂くことが当たり前ではなく、

そのことに対して、

ちゃんとお礼を言えているのかどうか。

 

一つ一つ自分の行動を振り返って、

そういう小さなことこそ大切にできる自分でありたい。

 

今日のブログは、全部、

「だ、である」調で書いてみたら、

何か賢そうなブログになった・・・気がするので(笑)

今度からこの書き方にしようかな( ̄ー ̄)

 

 

 

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。