ナチュラルリンク高野美菜子の大阪で働く女性社長blog

八重の桜を、

毎週楽しみにして見ています。

 

明治維新を題材にしたドラマは色々あったけれど、

薩摩や土佐や長州といった、

そこから時代をあらたに作っていった人たちのものが多く、

 

恥ずかしながら、

会津が時代に巻き込まれていきながら、

明治維新の時にこんな風な結末をたどっていたなんて、

知りませんでした。

 

色々ネットで調べてみると、

その後の会津の人たちの復興もとても大変で、

色々あったんだなーということが分かりました。

 

いつの時代に生きても、

自分の人生に時代は影響してくるけれど、

やっぱり今の時代は、いい時代だなーと思います。

 

自分が思ったように、

自分の人生を切り開いていけるチャンスが、

目の前に転がっている。

 

何か事を成そうとしても、

命をねらわれたりすることはないし、

平和な世の中になったんだなと改めて思います。

 

特に女性は、

生きる道が決まっていることが多くて、

その中で八重のように自分を貫いていく生き方は、

相当な覚悟がいったんだろうなーとも思います。

 

八重は強い人だったんだろうなぁ。

 

にしても、

戦争が終わった所でもう8月なのに、

あと3ヶ月で新島襄と出逢って、

新たな時代を作っていくところを描くとなると、

超特急で物語が進むのかな−。

 

母校でありながら、

同志社の成り立ちも全然しらないので、

そのあたりも楽しみです。

 

 

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。