ナチュラルリンク高野美菜子の大阪で働く女性社長blog

電子書籍出版セミナーにて登壇!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

昨日は、

ウズウズ出版さんの電子書籍出版セミナーにて、

登壇させて頂きました。

昼の部と、

17098_10202848183844276_1880149342311214628_n

夜の部の、

11225744_10202849151548468_4320727466546315162_n

ダブルヘッダーでしたが、

それぞれに気付きと発見があり、

大変勉強になりました。

 

サクセスストーリーでは、

電子書籍出版をきっかけにして、

・新聞社から取材がきた

・サイトからの問い合わせが増えた

・テレビから出演オファーがきた

・その道での賞を頂くことができた

・銀行の融資に繋がった

費用対効果にして、

何百万、何千万の効果があったと、色々な事例を発表されていました。

 

私の場合は、

電子書籍出版をきっかけにして、

出版社から商業出版での執筆依頼がきて、紙書籍出版したことでしょうか。
(もちろん、それがゴールではなく、まずは増刷、その後も出版、、、という流れが大事)

『もう悩まない!売上が確実にアップする女性営業の教科書』スクリーンショット(2015-04-01 19.27.39)

 

 

ただ皆さんおっしゃったのは、

電子書籍はひとつのきっかけに過ぎず、

出版したからといって全ての結果に繋がるわけではない。

 

やはり、

日頃から事業についてしっかり考え、動き、

手を打っている土台があるからこそ、

 

電子書籍というきっかけが、

大きく歯車を動かすことになるのだということ。

 

電子書籍は、

今や誰もが手軽に出版できるツールとして、

少しずつ浸透してきていると思います。

 

まだ、出す人は少ないので、、

(といっても、以前よりだいぶ出す人が増えましたが)

今がチャンスだと思います。

 

みんなが出し始めてやったところで、

埋もれてしまって目立たない。

 

なんでもそうですが、

・前例を作るのか、

・前例ができるのを待つのか

結局どちらを選ぶかなのだと思います。

 

電子書籍出版は、タダで出来ます。

もし品質を求めるならば、

ウズウズ出版さんの手厚いサポートを受ければ、

絶対売れる書籍としてブランディングできるので、

かなりお得だと思います。

 

出すなら、今でしょ!
(ちょっと古いけど、、笑)

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。